-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-04 (Sun)
15_20091004225158.jpg

最近、夜間の撮影で、画像があまり良くなくてごめんね。

今日はピーナツクリームの表現について。

と、言っても。。。

以前少し触れた、メディウムやモデリングペーストなどでの

クリームなどの表現の仕方の続きです。

私が使用しているのは、リキテックスの製品が多いです。

っというのも、最近、リキテックスのアクリルを使用する事が多かったので、

それに合わせて、メディウムがリキテックスだったというだけなんですが。。。

安全面から言っても、リキテックスのカドミウム色以外の色は、

子供が誤って口にしても安全な配合になっている事が、

愛用している理由なんですが^^

だからといって、他社の絵の具が悪いとうわけではありません^^

父がホルベインの製品を良く使っているので、

私もよく拝借してますヾ(llllll´▽`llllll)ノ


さて、肝心のクリームの表現ですが、

以前紹介した、シリコンと粘土を混ぜて作るバタークリーム

よりも、しっとりとしたクリームの表現が可能なのが

モデリングペーストです。

シリコンに粘土を混ぜて作ったバタークリームはエマルジョンが不安定で、

硬化が早く進むのにくらべ、こちらはゆっくりと硬化していきます。

※エマルジョンを不安定にする要因は色々ありますが、
 上の組み合わせの場合、水と油の相性の様です。
 シリコンに水彩絵の具を入れて、硬化が早まったり
 するのも、このエマルジョンの安定が壊れるからなんです^^

モデリングペーストはミニチュアでクリームの表現で使われています。

私の場合、クリームの表現にはモデリングペーストの中でも、

柔らかめのリキテックス フレキシブルモデリングペーストを使用しています。

リキテックスの顔料であれば、どんな色でも混ぜて、

シリコンホイップの要領で使うことが出来ます。

独特の香りがありますが、硬化後は気になりません。

ちなみに、写真のピーナツバターは黄土色を少し入れてあります。

絞りを変えればクッキー生地としても活躍できそうですねv


フレキシブルモデリングペーストは、普通のモデリングペーストよりも

ひび割れがなく、乾燥後は彫刻もできますので、色々な表現が

楽しめます。埃の付着も気になりませんよ^^

盛り上げ剤、パテ埋め意外にも、モデリングには

多彩な可能性があるって事で。。。

今日のお話はおしまいです♪

今度ゆっくりと画像を交えてHow toにUPしますね♪

次はメディウム系のお話もできたら良いな。


♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪

応援のポチッとv宜しくお願いします☆

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ 

♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪








スポンサーサイト
| How To (基本編) クリームの作り方 ピーナツバター | COM(2) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。