-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-08-02 (Mon)
作家に求められる事 → 個性

講師に求められる事 → 柔軟性

この狭間でもがいているSmile*です。

こんにちは☆



最近、『講師になるにはどうしたらいいですか?』という

メールを良く頂くので、こちらに記載しておこうと思います。

と、言っても参考になるような事が書けるかどうか(o>(ェ)<;a



講師になるには、自宅講座などから始めるのがオススメです。

講座を開くまでに必要な事をまとめていました。


①場所の確保
②サンプルの制作
③生徒の募集
④材料の買い付け・道具の準備
⑤資料の製作
⑥会場準備


この中で、一番大変なことはなにか?と聞かれたら、

間違いなく④の買い付け&道具の準備です。

講座生の人数分をそろえるのには、お金もかかりまし、道具&材料の量が

半端じゃない!!遠方に行く時は、車でないとまず無理です。

買い付けしていても、当日、生徒さんがこられなくなった場合は、

材料は手元に残ってしまうので、リスクもついてきます。



そして重要なのは、生徒さんの要望に応えられるかどうかです。

何を求めているのかを組みとって、柔軟に対処しなくてはいけません。

POPな作品を作りたい方もいらっしゃれば、リアルを求める方もいます。

どんなパターンにも対応出来るように心がけています。


・・・と、偉そうな事を言っていますが、忘れ物はするし、

ビーズをひっくり返すし、落ち着きがないし、

私の講座はヒッチャカメッチャカなので(o>(ェ)<;a

偉そうな事はいえないのですよ。。。ぷぷ。。。



作家である自分、講師である自分。。。

両方を大切にするのは、永遠のテーマになるかもしれません。



何時も応援有難うございます☆

頑張って!と応援して頂けると嬉しいです☆


にほんブログ村へ   

♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.


スポンサーサイト
| 質問集 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。